ここから本文です

【正式発表】ル・マン出場目指すアロンソ、WECテストでトヨタLMP1カーをドライブ

11/19(日) 12:20配信

オートスポーツweb

 11月18日、バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されたWEC第9戦で総合優勝を飾ったTOYOTA GAZOO Racingは、19日に同地で行われる『WECルーキーテスト』にマクラーレン・ホンダF1のフェルナンド・アロンソが参加すると発表した。
 
 今月初旬にWECルーキテストに参加するため、ドイツ・ケルンに本拠を置くトヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)を訪れ、トヨタTS050ハイブリッドのシート合わせを行ったと報じられていたアロンソ。
 
 その後、2018年のル・マン24時間レース参戦がほぼ固まるという報道も行われるなかで今回、WECのフルシーズンを戦ったトヨタのLMP1カーをテストドライブすることが正式決定。アロンソが目指すF1モナコGP、インディ500、ル・マン24時間の“世界三大レース制覇”の夢を実現するための準備を一歩前進させる発表がトヨタからなされた。

【写真】2017年シーズン最多となる年間5勝を上げたトヨタTS050ハイブリッド

 トヨタは19日のテストで今季LMP2クラスのジャッキー・チェン・DCレーシングに参戦した19歳のフランス人ドライバー、トーマス・ローランと7号車トヨタのレギュラードライバーであるマイク・コンウェイの起用を発表していたが、アロンソはローランとは異なるもう1台のTS050ハイブリッドでテストを行う予定だ。
 
 なお、アロンソは今回のテストに先立ち、今月7日にTMGでシート合わせを実施するとともにシミュレーターセッションを完了させているという。
 
「フェルナンド(・アロンソ)が我々のクルマをテストすることにとても興奮しています」と語るのはTMG社長兼チーム代表の村田久武氏。

「彼がケルンのTMGを訪ねたとき、彼に会った人は皆、スポーツレースに対する彼の熱意と情熱を感じることができました。彼は真のレーサーです」

「私たちは、さまざまな形態のモータースポーツへの関心を大いに尊重し、ハイブリッドLMP1カーを運転する機会を彼に提供することをうれしく思っています。トヨタTS050ハイブリッドをドライブしたF1チャンピオンによるフィードバックはとても興味深いものになるでしょう」

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/19(日) 12:28
オートスポーツweb