ここから本文です

東芝 6000億円の増資を決議

11/20(月) 14:46配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

経営再建中の東芝は19日、取締役会を開き、6,000億円の資本増強策を決議した。
東芝は、2018年3月末に7,500億円の債務超過となる見通しで、半導体子会社「東芝メモリ」の株式を2018年3月末までに売却し、上場廃止を回避したいとしていた。
しかし、各国の独占禁止法の審査が、2018年3月末よりも後ろにずれこむリスクがあり、今回の資本増強で、債務超過を確実に避けたい考え。
東芝によると、引受先は海外の複数の投資家で、調達した資金は、経営破たんしたアメリカの原子力子会社に関わる債務の返済などに充てるという。

最終更新:11/20(月) 14:46
ホウドウキョク