ここから本文です

【動画】北日本は朝まで大雪警戒  広く晴れるも年末頃の寒さに(20日18時更新)

11/20(月) 18:22配信

ウェザーマップ

 21日(火)は北日本では朝まで大雪に警戒が必要です。日中は日本海側でも天気が回復してきますが、気温は低く、寒さが続きそうです。

 上空に強い寒気が流れ込んでいるため、北陸から北の日本海側では21日(火)の朝まで広く雪となるでしょう。特に北日本では通勤、通学の時間帯まで大雪になるおそれがありますので、交通機関の乱れや路面の凍結に注意が必要です。

 ただ、日中は西から晴れをもたらす高気圧が張り出すため、日本海側の天気も回復へ向かいます。日差しとともに乾いた空気も入ってきますので、晴れる所を中心に空気が乾燥するでしょう。特に関東では湿度が20%台まで下がりますので、火の取り扱いにお気をつけください。

 朝の最低気温は20日(月)と同じくらいで、強い冷え込みが続くでしょう。日中の最高気温は20日と同じかやや高いくらいで、15℃に届かいないところが多くなりそうです。東京や大阪では11℃くらいと、年末頃の寒さとなるでしょう。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:11/21(火) 5:50
ウェザーマップ