ここから本文です

ニトリの格安「使い捨てふきん」でストレスなしの清潔管理

2017/11/20(月) 12:11配信

マネーの達人

突然ですが、みなさんはふきんをどうやって管理していますか?

毎日きれいに手洗いで洗う派、煮沸消毒する派、洗濯機で洗う派、塩素漂白する派、などいろいろな方法で清潔なふきんを保っていると思います。

ちなみに私は手洗い & 漂白派ですが、きれいな状態をキープできなくてすぐ生乾き臭が漂ったり、シミがとれなくなったりして残念な状態のふきんになっていました。

ネット上でみなさんの使い方を調べてみると、毎日煮沸消毒したり天日干ししたり、とても丁寧に大切にふきんを使っていて、パソコンをそっと閉じたくなりました。

一度残念ふきんになってしまうと、私の低い家事スキルではもうきれいな頃のふきんには戻せないので雑巾にした後捨てるしかありません。

もちろん、ほとんどの方が毎日丁寧にふきんを管理していると思いますが、私みたいに残念ふきんに悩まされている方のために、格安でふきんルーチンから解放される格安のニトリの使い捨て布ふきんをご紹介します。

ニトリの使い捨てふきんとは?

ニトリの使い捨てふきんとは、その名の通り捨てることができるふきんのことです。

こちらが新品状態。牛乳と並べるとこんな感じになります。

税込み205円で、20cm × 40cmのふきんが42枚入っています。1枚あたりのお値段は約4.88円です。

ふきんがロール状態になっていて、1枚ずつミシン目で切り取る仕組みです。

ニトリの使い捨てふきんの吸水力を検証

使い捨てだからペラペラですが、そこそこ吸水性があります。

さっそくこれだけの食器を拭いてみましょう。

とりあえず、1枚で全部ふけました。

超吸収力ありという訳ではありませんが、キッチンペーパーよりは吸い取ります。

我が家の使い捨てふきんの使い方

我が家では、使い捨てふきんを、2枚用意して食器拭き用とテーブル拭き用にわけています。

使ったら水洗いして、使っていない時はこうやって乾かしておきます。

大体食器拭き用を1週間、テーブル拭き用は3日で捨てます。

我が家の使い方の場合1ロール205円で3か月弱もつので、1か月のふきん代は約70円です。

テーブル拭き用を毎日新品に交換したら1か月あたり205円になります。

1/2ページ

最終更新:2017/11/20(月) 13:55
マネーの達人