ここから本文です

移民を奴隷として競売か 米報道、リビア政府が調査へ

2017/11/20(月) 12:41配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【11月20日 AFP】リビアで移民が奴隷として競売にかけられているとみられる映像が報道され、国連(UN)が支持するリビア統一政府は19日、この奴隷売買疑惑について調査すると明らかにした。映像はソーシャルメディア上で広く共有され、フランスで抗議デモが起きるなど世界中から憤りの声が上がっている。

 混迷した状況にあるリビアは長らく、欧州を目指す移民にとって主要な通過拠点となってきた。そうした移民の多くが人身売買業者らから深刻な虐待を受けている。

 米CNNは先週、リビアで行われた奴隷競売を撮影したとみられる映像を放送。映像には、複数の黒人男性が北アフリカのバイヤー向けに農場労働者として売りに出され、わずか400ドル(約4万5000円)程度から競りにかけられる様子が映っている。

 報道を受けて統一政府(国民合意政府、Government of National Accord)のアフメド・メティグ(Ahmed Metig)副首相は19日、奴隷売買疑惑について調査し、関与した者を処罰するための委員会を設立すると発表。外務省も声明で「疑惑が事実と確認されれば、関与した者は全員罰せられる」と述べた。

 CNNの報道はソーシャルメディアで拡散し、アフリカ、欧州、それ以外の地域でも強い反発を招いている。

 映像は携帯電話で撮影されたもので、画質は粗い。CNNによると、競売にかけられているある男性はナイジェリア国籍の20代で、「農場労働のための体格のいい男たち」のうちの一人だという。

 映像では、競売人とされる人物が「800、900、1000、1100…」と声を上げ、その後、2人の男性が1200リビア・ディナール(約9万8000円)で落札されている。

 記事の映像は、仏パリの通りで行われた抗議デモ。18日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:2017/11/20(月) 12:41
AFPBB News