ここから本文です

MINI ミニ ONE vs VW ゴルフ 7.5 どっちが買い!?|輸入車ハッチバックを徹底比較!

2017/11/20(月) 17:08配信

オートックワン

輸入車販売台数トップの座を争う2モデルを徹底比較

日本自動車輸入組合の統計によると、2016年1月以降、輸入車の販売1位をBMW ミニとVW(フォルクスワーゲン)ゴルフが競い合っている。直近の2017年7~9月のデータでは、1位はミニ(3ヶ月6116台)、2位がゴルフ(5650台)だ。ミニには3ドア/5ドア/クラブマン/コンバーチブル/クロスオーバーなどバリエーションが多く、すべてを合計した台数になるが、ゴルフもワゴンタイプのヴァリアントなどの選択肢を多彩にそろえる。この2車は最も身近な輸入車といえるだろう。

ミニ ONE 5ドア vs ゴルフを更にチェック(画像100枚)

そこでミニとゴルフで「人気輸入車の頂上対決」を行いたい。比較するグレードと価格は、ミニが5ドアONE(259万円)、ゴルフはTSIトレンドライン(249万9000円)とした。

日本車でいえば、スバル インプレッサスポーツ2.0i-Sアイサイト(239万7600円)、マツダ アクセラスポーツ15XDプロアクティブ(244万800円)などとボディサイズや価格が似ている。ミニやゴルフは輸入車では価格が割安で、税額や燃料代などの維持費を抑えられることも特徴だ。

ボディスタイル・サイズ・視界・取りまわし性比較/ミニ ONE vs ゴルフ

ボディスタイルは両車ともに伝統を受け継いだ形状で、ほかのどの車種にも似ていない。ミニは1959年に発売されたクラシックミニをモチーフにデザインされた。今のミニはボディが相当に大きいが(クラシックミニは全長が約3m、全幅が1.4mで今の軽自動車よりも小さかった)、フロントマスクやピラー(柱)の角度は踏襲されている。

ゴルフも1974年(日本は1975年)に発売された初代モデルのイメージを受け継ぐ。近年のゴルフはボディが大型化されたが、フロントマスクや太いリアピラーに初代モデルからの伝統を見い出せる。

現行ミニ5ドアONEのボディサイズは、全長が4000mm、全幅が1725mm、全高が1445mmだ。ゴルフTSIトレンドラインは同4265mm/1800mm/1480mmだから、ミニよりひとまわり大きい。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)もミニ5ドアが2565mm、ゴルフは2635mmなので70mm長い。

ミニはボディがコンパクトで、ゴルフに比べるとリアピラーも少し細いから後方も見やすい。ボンネットが少し視野に入ることも特徴で、車幅やボディの先端位置が分かりやすい。ゴルフも輸入車では運転がしやすい部類に入るが、全幅が1800mmに達して日本で使うには少し幅が広すぎる。従ってミニの方が運転しやすい。

1/3ページ

最終更新:2017/11/20(月) 17:08
オートックワン