ここから本文です

FWグリーズマンは移籍目前か!?誰もが今季がアトレティコ最後の時だと気付いている…

2017/11/20(月) 21:24配信

SPORT.es

アントワーヌ・グリーズマンに対するファンの気持ちは最悪の形で終わりを迎えるかもしれない。グリーズマン本人を含む全員が、同選手にとって今シーズンがアトレティコ・マドリードでの最後のシーズンだと気づいている。

マドリード・ダービーでグリーズマンが受けた非難がアトレティコとそれぞれ違う道を歩み始めることを意味しているかもしれない。
実際、グリーズマンのアトレティコ退団は今冬の移籍マーケットに行われるかもしれないと推測する者も多くいる。
しかし、これは現実的ではなく、現状の移籍金は2億ユーロ(約262億円)に設定されているものの、来夏の移籍マーケットでは半額の100億ユーロ(約131億円)になる。

選手はこの報道を度々否定しているが、頭の中では違うことを考えているようにも見える。FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドが来夏、自身をターゲットとしていることを把握しており、チームを革新しようとしているバイエルン・ミュンヘンの可能性もなくはない。

事実、グリーズマンのピッチ内外での振る舞いが、多くの種の憶測を呼んでいる。土曜日に行われたレアル・マドリード戦でもゴールを決めることはなく、2試合連続で途中交代させられている。そして、ワンダ・メトロポリターノに詰めかけたファンの怒りに触れている。

一方で監督シメオネはグリーズマンを擁護しており、「家族の一員である限り、死ぬまで一緒だ」とマドリード・ダービーでグリーズマンが低調なパフォーマンスを見せた後に語っている。論理的に考えて、グリーズマンはアトレティコでプレーしている間に復調する必要がある。

なお、兄弟のテオもSNSで無神経な投稿をしており、大きな物議を醸している。
また、フランスにいる際にはネイマールやムバッペとプレーしたいと語っており、この発言は自身の意思を示していると考えられている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2017/11/20(月) 21:24
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報