ここから本文です

鶴竜の師匠・井筒親方、被害者・貴ノ岩へ「皆さんに知らしめるのが大事」

11/21(火) 23:45配信

デイリースポーツ

 横綱日馬富士(伊勢ケ浜)の平幕貴ノ岩(貴乃花)への暴行問題に関して、トラブルのあった10月25日夜に鳥取市内の宴席に同席していたとされる横綱鶴竜の師匠、井筒親方が21日、テレビ朝日「報道ステーション」のインタビューに答え、一連の問題に対する私見を示した。

 井筒親方はまず、休場中の鶴竜の具合を問われると、「だいぶ順調に回復してますけど」とひと言。続いて、日馬富士の問題について、鶴竜がどのように受け止めているかと問われると、「いや、何も言ってませんよ」と答え、暴行のあった日に鶴竜が同席していたことを確認されると、「それは知ってますよ私も」と即答。鶴竜からどんな報告や相談を受けたかの問いには、「別に本人(鶴竜)は何も言っていませんけど」と語った。

 そして、今回の暴行問題は何が原因だったかと問われると、「それは(鶴竜から)聞いてませんよ。本人がしかるべきところで、警察の皆さんや危機管理委員会で、しっかり話をするんじゃないですか」と話した。

 また、被害者の貴ノ岩の師匠、貴乃花親方に対して井筒親方がどう思っているかの問いには、「いやいや、それはね、私はひと(他人)のことはよく分かりませんけどね、貴乃花親方はね、別に被害者でもありませんから、どういうお考えになっているかは、私は分かりませんけど、被害者なんでしょ、貴ノ岩が。であれば、やっぱり被害者として、皆さんの前できちんと説明するなり、状況の具合をね、皆さんに知らしめるというのは大事な事ではないかなと思いますけどね」と答えた。

 報道ステーションでは、この日正午ごろ、休場中の横綱鶴竜が福岡市内の井筒部屋から外出するところを直撃。暴行問題のあった夜に同席していたかなどの問いに対し、無言でタクシーに乗り込み部屋を出発した。鶴竜はこの後、福岡市内のホテルで鳥取県警から参考人として事情を聴取されたとしている。