ここから本文です

麻原彰晃・死刑囚の四女が訴える 「親と縁を切れる制度を」

11/21(火) 18:54配信

ハフポスト日本版

地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教教祖・麻原彰晃死刑囚の四女が11月21日、都内の司法記者クラブで記者会見を開いた。

【画像集】日本を震撼させた地下鉄サリン事件 緊迫の現場

四女は今回、自分が死亡した際に、親に自分の財産を渡さないようにしたい、と家庭裁判所に申し立て、認められた。

相続人が虐待をしたり、著しい非行があったりする場合、その相続人に自分の財産を渡さないようにできる、というルールが民法にはある。

オウム事件を起こした親とは、縁を切りたい。しかし日本では、法的に親と絶縁する方法はない。その中でも、可能なかぎり縁を絶ちきりたい、という考えだという。

教祖の娘として出生した彼女は、会見で何を語ったのか。(安藤健二 / ハフポスト日本版)

両親が殺人罪で有罪判決を受けたことで…

会見に同席した滝本太郎弁護士によると、松本聡香(さとか)さんのペンネームで知られる四女は、現在28歳。

父母からは暴力や陶器入りのオムレツを食べさせられるなどの虐待を受けたほか、養育を信者に任せ、保育園や幼稚園に通わせなかったことを理由に挙げた。また、両親ともに殺人罪で有罪判決を受けたことで、十分な教育を受けることができなかったとした。

両親から反論がなかったため、10月31日に横浜家裁は、聡香さんの推定相続人から父母を外す審判を出した。親から子ではなく、子から親に対して申し立て、また認められるケースは非常に異例。

現在、聡香さんには格別の資産はないが、「万一にも父母らに相続させたくない」という意向だという。

「一度も、お父さんと呼んだことはありません」

約1時間20分に及んだ記者会見で、聡香さんは多人数の前で話すのに慣れていない様子だった。時おり声を震わせながら、緊張した表情で記者団に応対した。顔写真や肉声の報道は、プライバシーへの配慮から自粛を求めた。

聡香さんの冒頭のあいさつを抜粋する。

------------

2006年1月より家族の元を離れ、2007年秋ごろ信仰とも完全に訣別し、それからは社会で生きてきました。

事件が起きて教団の信者や幹部が逮捕されたのは、私が5歳から6歳のころでした。

2~3歳のころから窓のない一人部屋で生活していました。

弟が生まれると、母の部屋に行っても「ここにはあなたの居場所はない」と追い出されたのです。

父親のことは、私は今も昔もほとんど父親とは思えません。私が生まれたとき父は「グル」であり「教祖」でした。私は一度も「お父さん」と呼んだことはありません。最初から「尊師」でした。

破片入りのオムレツを食べさせられたり、真冬に薄着で何時間も立たされるなど父の命令で死にそうになったことがあります。

今の日本では親子の縁をなくす制度がないので、現行法で出来ることはしましたが、生きていくにはまだ障害が残っています。戸籍で家族が繋がっていることと、親の記載があることです。結婚や出産などができません。気持ちの問題もありますが、現実の問題でもあります。

著しく問題がある親との縁を切れる制度があった方がいいと私は思います。戸籍をなくすこと、また親の名前を空欄にするなどです。

オウムの後継団体には、一連のオウム事件の被害者の方に誠意を持って謝罪と賠償をして欲しいです。被害者の方や社会の不安をなくすために早く解散して欲しいと思います。

---------------

1/2ページ

最終更新:11/21(火) 19:26
ハフポスト日本版