ここから本文です

「最低な会社の辞め方」残された同僚が「敵」になる時…「世間というのは意外と狭い」

2017/11/23(木) 7:00配信

withnews

 働き方の多様化が叫ばれている今、転職や起業は当たり前のことになりつつあります。三菱商事からアサツーディ・ケイ(ADK)など複数の広告会社を経て、ベンチャー企業を立ち上げた加藤公一レオさんは、辞め方にも作法があると言います。11月23日は勤労感謝の日。加藤さんに「会社の辞め方」について語ってもらいました。

【画像】ちょ、ちょっと何それ?就活生のため船上パーティー「バブル」だった日本の珍風景

転職が当たり前の時代

 これまで日本に根づいてきた終身雇用の文化が崩壊しつつある今、様々な理由によって転職を考えている人は多い。もっとチャレンジングな会社で働きたいという人にとって、転職が広く認められている社会は非常にありがたいものだ。

 また起業することに対する認識も大きく変わってきた。こうした起業を応援するような動きについては国も積極的な補助を打ち出すなど、広く世間に受け入れられている。多くの人が当たり前のように転職や起業を考えるようになっているのが今の日本の現状だ。

大企業でも倒産のリスク

 どこかの組織に所属しているということは自分に降りかかる責任が少なくなり“安定”が見込めると思われがちだったが、どれだけ大企業であろうが倒産のリスクは当然ついて回る。本当の意味の“安定”とは、明日もしその会社がなくなったとしても、「ふーん、それで?」といった感じの素知らぬ顔ができるぐらい、個人の名前で仕事ができることだ。もっと言うと会社を辞めた途端、あらゆる企業から引っ張りだこになるような人材である。

 少し前まで、こういう考えだった人はきっと少なかったのだろうが、今となっては、転職は当たり前になったし、起業だってそうだ。組織に属するよりはいっそ自分で会社を立ち上げて、自分で責任を負う代わりにやりたいことをやろう、という人が増えていることはとても良いことだ。

残念な人が後を絶たない

 だがその一方で、残念ながら非常にもったいない「会社の辞め方」をする人も後を絶たない。それはズバリ、「法律的にはいつ辞めても自由でしょ?」という“法律”を盾にして十分な“引き継ぎ期間”を設けず、まるでアルバイトを辞めるかのように仕事を放り出して会社を辞める人たちである!

 結論を言うと、残された仲間への“仁義”を通さずに会社を去る人は、転職や起業しても絶対にうまくいかない!転職や起業を考えている人がいれば、ぜひ最後までこのコラムを読んでいただき、「会社の辞め方」についてしっかりと考えてもらいたい。

1/4ページ

最終更新:2017/11/23(木) 7:00
withnews