ここから本文です

アンガ山根、後輩から唾を… 失礼過ぎる態度に「指導する気も失せた」

2017/11/22(水) 13:15配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ・アンガールズの山根良顕が22日、フジテレビ系「バイキング」で、日馬富士の暴行問題に触れ、暴力は「絶対なし」と主張。自身もお笑いの後輩から唾を吐きかけられた過去を明かし、「指導する気も失せた」と、当時を振り返った。

 番組では連日報じられる日馬富士の貴ノ岩への暴行問題について議論。一部報道では、貴ノ岩が先輩力士の説教中にスマートフォンをいじったことなど、態度が悪かったことに日馬富士が腹を立てて暴行を働いたとされているが、後輩の指導に暴力が必要かどうかの議論となった。

 山根は「僕は絶対なし」と暴力は必要ないと主張。「暴力で解決出来ることはないし、態度悪かったといっても、後輩、態度悪いなって思うこと、僕もある」と切り出し、自身の体験として「お酒飲んで、テンション上がって唾かけられたりしたこともあったけど」と、後輩芸人から唾をはきかけられたという驚きの体験を明かした。

 これにはスタジオも騒然。「本当に?」「後輩に?」などとざわつく中、山根は「ノリなのかなんなのか分からないですけど、こういうヤツは(芸能界から)いなくなるだろうなと、指導する気も失せて…」と、あまりに失礼な態度の後輩とは関わらないようにしていると告白していた。

最終更新:2017/11/22(水) 14:17
デイリースポーツ