ここから本文です

火球か?太平洋側の広範囲で「謎の光」

11/22(水) 13:43配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

21日夜、東北地方から近畿地方の太平洋側の広い地域で、上空を強い光を放ちながら流れる、火の玉のようなものが目撃された。
上空を流れる光の筋。
消える間際に、緑色の大きな光を放った。
21日午後9時半ごろ、羽田空港のフジテレビの情報カメラがとらえた映像。
この火の玉のような物体は、東北地方から近畿地方の、太平洋側の広い地域で目撃された。
国立天文台の山岡 均准教授によると、この物体は、直径数cmの、太陽の周囲を回っている石が、地球に落ちてくるときに見られる「火球」とみられ、東海地方の南の海上に落下していき、空中で燃え尽きたと推測されるという。

最終更新:11/22(水) 13:43
ホウドウキョク