ここから本文です

W杯出場を逃したブッフォン、バルサ2選手からの賞賛に感謝

2017/11/22(水) 20:00配信

SPORT.es

トリノで22日、水曜日に行われるユベントス対FCバルセロナ(日本時間23日4:45キックオフ)の一戦を前に素晴らしい雰囲気に包まれている。ラキティッチとジョルディ・アルバという2人のバルサの選手がイタリア人GKジャンルイジ・ブッフォンを賞賛している。そして、その賞賛に対してブッフォンも感謝の返答をツイッターでしている。

『トゥットスポルト』のインタビューに応えたジョルディ・アルバは、「ブッフォンは史上最高のGKであり、ユニホームをぜひ交換して自分のコレクションに追加したい。自分にとってブッフォンとイタリアが次のワールドカップに出場できないなんて罪だ」と語っている。そして、さらにラキティッチは「子供達が自分のベストイレブンを選ぶ時、必ずブッフォンの名前がそこにある。イタリア代表の試合後のブッフォンのインタビューを見て、みんなが彼と一緒に泣きたいと思ったに違いない。彼に自分のポジションを譲りたいよ。彼に敬意を示すし、彼が次のワールドカップに出場できないことは本当に残念で仕方がない」と述べている。

これらのコメントに対してブッフォン本人がツイッターで「親愛なる@ivanrakiticへ。キーパーとしてならプレーするかもしれないけど、君の代わりに自分がクロアチアのMFを務めるのはいいアイディアとは思えない。冗談はさておき、君の言葉は素晴らしいプレゼントだよ。ありがとう。そして、@jordialba、ユニホームは君のものだよ」と返答している。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2017/11/22(水) 20:00
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合