ここから本文です

ポール・スタンレー、チャールズ・マンソンの死に反応のマリリン・マンソンを「惨め」と非難

2017/11/22(水) 19:45配信

rockinon.com

60年代末にカルト集団ザ・マンソン・ファミリーを率いて惨殺事件を起こしたチャールズ・マンソンの死に対し、マリリン・マンソンが自身のSNSで反応を示したことは昨日報じた通りだが、キッスのポール・スタンレーが、このマリリン・マンソンの投稿が「惨め」だとして非難のツイートを投稿した。

マリリンは、チャールズ・マンソンがカバーを飾った「LIFE」誌の雑誌ロゴを「LIE(嘘)」に変えた写真とともに、チャールズ・マンソンが1970年にリリースした楽曲“Sick City”を自らカバーした音源のリンクを投稿。


これに対しポール・スタンレーは、マリリン・マンソンが「本当の意味で成功したことのない人間」としつつ以下のようなツイートを投稿した。

「本当の意味で成功したことのない人間が、自分を卑劣な殺人鬼とつなげ合わせて注目を浴びようとする。これほど惨めなものはない」


「Blabbermouth」によると、マリリン・マンソンは今年の9月に「NME」に対し、キッスは「ハロウィンの仮装をした4人のゲイ野郎」だと発言していたことがあったのだとか。

なお、このツイートに対しては一般のアカウントから「総売上に倍以上の差があるマンソンとキッスを比べるのがそもそも無粋」、「思いきり成功してるだろ(笑)」、「マンソンの新作はかなりいいよ」など、様々なリプライが寄せられている。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:2017/11/22(水) 19:45
rockinon.com