ここから本文です

【GOLF】賞金ランクトップの鈴木愛は7位 逆転狙うハヌルは首位と2打差

11/23(木) 15:12配信

ISM

 国内女子ツアーの最終戦 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは23日、宮崎県の宮崎カントリークラブを舞台に第1ラウンドの競技を終了。賞金ランクトップの鈴木愛は1アンダー7位タイ、同ランク2位のキム・ハヌル(韓)は2アンダー4位タイ発進となった。

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 第1R順位

 単独6位以上で今大会を終えれば、他選手の成績に関係なく賞金女王となる鈴木は、後半11番パー5でイーグルを奪うなど、1イーグル、1バーディ、2ボギーの「71」でホールアウト。優勝して鈴木が単独7位以下であれば逆転で賞金女王に輝くハヌルは、5バーディ、3ボギーの「70」で初日を終えた。

 4アンダー単独首位はテレサ・ルー(台)、3アンダー2位タイに穴井詩、笠りつ子、2アンダー4位タイにハヌル、申ジエ(韓)、O・サタヤ(タイ)、3アンダー7位タイに鈴木、川岸史果、イ・ミニョン(韓)が続く。

最終更新:11/23(木) 15:14
ISM