ここから本文です

乗り心地向上 スーパーあずさ新型車両を公開

11/23(木) 6:00配信

長野日報

 JR東日本は22日、新宿駅と松本駅を結ぶ中央東線の特急列車「スーパーあずさ」として12月23日にデビューする新型車両「E353系」の報道向け試乗会を開いた。新型車両の投入は16年ぶり。最新技術を生かし、速度を維持しつつ、車体の傾きや揺れを緩和。「スーパーあずさ」の現行車両「E351系」(1993年12月導入)と比べても乗り心地が大きく向上した。

 中央東線は、カーブが多い特徴があり、速度を落とさずに走行させるため、線路に一定の傾斜を付け、車両を内側に傾かせて遠心力を抑える技術が生かされている。

 新車両は下部の空気バネを膨らませて傾斜をつける方式で、傾斜を最大1・5度に抑えつつ現行とほぼ変わらない速度でカーブを通過できる設計。最高速度130キロを維持し、走行時の揺れを抑えた。

 客室設備には目に優しいLEDの間接照明を採用し、空気清浄機を設置。全座席にノートパソコンを置けるテーブルとコンセントを設けた。座席は高さ調節ができる枕付きで空調は座席ごとに風向きと風量が調節できる。

 全乗降口に防犯カメラを設置してセキュリティーを高めた。12両編成時の座席数は39席減るが、車いす利用者向けのシートを確保し、半数以上の車両に荷物置き場を設けた。電動車いす対応の大型トイレもある。外観はあずさ伝統の紫、松本城をイメージした漆黒、南アルプスの雪を表す白などでデザインした。

 12月のデビュー時は「スーパーあずさ」として、12両編成(グリーン、普通計674席)で新宿―松本間の4往復8本で使用する。運行初日の指定席の予約は23日午前10時から。

 同支社の伏田忠広運輸部長(56)は「諏訪地方にも都心から多くのお客様を送るため、列車を楽しみ、目的地を楽しむような利用を発信したい」と語った。

最終更新:11/23(木) 6:00
長野日報