ここから本文です

【仙女12・2大阪制圧】里村イチ押し金髪美女ハイジ とにかくストイックな英出身の超逸材

2017/11/24(金) 11:00配信

東スポWeb

「地方から世界へ」を旗印に勢力を伸ばす女子プロレス団体「センダイガールズ」が12月2日、関西の聖地・エディオンアリーナ大阪第2競技場に初進出する。昨年から女子プロ界の盟主「スターダム」も関西地区に力を入れており、興行戦争が勃発するのは確実。代表を務める里村明衣子(38)は覇権争いの切り札として英国の金髪美女、ハイジ・カトリーナ(28)とワールド王者の橋本千紘(25)を指名し、大阪制圧を誓った。

 人気急上昇中のブロンド美人が英国ロンドン出身のハイジだ。2011年11月にデビューすると欧米各国を主戦場としていたが、昨年8月に「REINA女子」で初来日。その後、仙女の試合を見たことがきっかけで、今年5月から仙台に移住。仙女の道場でトレーニングを続け、9月に所属選手となることが発表された。

 里村イチ押しの選手で「私が来てほしいと思っていた理想的な外国人レスラー。大きい(177センチ、80キロ)し、セクシーで日本人受けがいい」と絶賛する逸材だ。来日する外国人レスラーは通常、日本のスタイルを学ぶことを目標にする。だが里村は「日本のプロレスにあえて交えたくない。だから合同練習でも基礎トレーニングしか入れないんです。粗削りで決して器用ではないけど、それがハイジの持ち味」という育成方針を持っている。

 しかもハイジは「オフはいらないから試合をしたい。筋トレもしたい。もっとマッチョになりたいの」と語るほどとにかくストイックな選手。朝からジムで筋トレに励み、午後からは3時間の合同練習に参加。その後は再びジムに通う日々を過ごしている。

 また生活面でも「日本人以上に上品」(里村)だそうで、箸の使い方がうまく、納豆が大好物だ。しかもここ数か月で日本語も上達し、里村が片言の英語で言葉をかけると「日本語で話してください」と応答。LINEでのやりとりは日本語になっている。

 仙台市内では楽天イーグルスのウィーラー内野手と同じくらい目立つ存在だ。「日本語でマイクアピールするのが目標。できればずっと日本に住んでいたいわ」とハイジ。杜の都で奮闘を続けるセクシー金髪美女の活躍に注目だ。

最終更新:2017/11/24(金) 17:50
東スポWeb