ここから本文です

【DDT】丸藤が竹下幸之介を絶賛「プロレス界の未来だ」

2017/11/24(金) 16:30配信

東スポWeb

 23日のDDT後楽園ホール大会で行われたKO―Dタッグ選手権は、王者のHARASHIMA(年齢非公表)、丸藤正道(38=ノア)組が竹下幸之介(22)、彰人(30)組の挑戦を退け、4度目の防衛に成功した。

 注目は初遭遇となった丸藤と竹下。丸藤がシングルのKO―D無差別級王座を保持する竹下を指名して、今回の一戦が決まったからだ。コーナーに逆さづりにされたところへ反対コーナーからドロップキックを決められるなど竹下の身体能力の高さにてこずったものの、カウンターの虎王で動きを止めた。

 最後はHARASHIMAが蒼魔刀(ランニングダブルニー)で彰人から3カウントを奪取。丸藤は「お前みたいなのがプロレス界の未来だ。ノアにも若くてイキのあるヤツがたくさんいるからまたやろう」と竹下に最大限の賛辞を贈った。一方の竹下も「シングルがしたい」と早くも再戦を訴えた。

 試合後には「ダムネーション」の佐々木大輔(32)、遠藤哲哉(26)組が挑戦を表明。王者組も快諾し、12月24日DDT後楽園大会での王座戦が決定した。

最終更新:2017/11/24(金) 16:30
東スポWeb