ここから本文です

【柔道グランドスラム東京】永山竜樹「超人的なパワーの怪力・アントマン」

11/24(金) 21:50配信

テレビ東京スポーツ

テレビ東京

世界中の猛者が集まる柔道の国際大会「柔道グランドスラム東京」。オリンピック金メダリストも出場するこの大会は、ワールドツアーの一つとしてオリンピックの代表選考に大きく影響する重要な大会。

特に今年8月の世界選手権で金メダルを獲得した7人は、グランドスラム東京で金メダルを獲得すれば、来年の世界選手権代表に内定!すなわち2020年東京オリンピック代表の座を大きく手繰り寄せる大一番に。

一番手がこのまま突き進むのか!?はたまたその勢いに「待った」をかけるのか!?ニューヒーローの誕生にも注目が集まるグランドスラム東京。そんな大舞台に挑む日本代表選手を紹介します。

【男子60kg級 永山竜樹】
今年の選抜体重別選手権で優勝、初の日本代表入りを果たした21歳。158cmと階級の中でも小柄だが、ひとたび畳に立つと超人的なパワーで次々と相手を投げ鮮やかな一本をとる。その力強さに井上康生男子代表監督も「小さいけど強い。まるでアントマンだ」と米の人気ヒーロー映画『アベンジャーズ』のキャラクターに例えるほど。

同じ階級には世界チャンピオンの高藤直寿(※はしごだか)がおり、優勝を許せば東京オリンピック代表の座からも後退することに…。夢である「オリンピック金メダリスト」になるためにも“怪力・アントマン”が負けられない戦いに挑む。

名前:永山竜樹(ナガヤマリュウジュ)
階級:男子60kg級
身長:158cm
得意技:背負投、袖釣込腰

テレビ東京