ここから本文です

JAXA宇宙教育リーダーの出前授業 高岡の小学校

2017/11/24(金) 15:55配信

北日本新聞

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙教育リーダー出前授業が24日、高岡市牧野小学校であり、6年生72人が宇宙と同じ環境作りを体験した。同市西条小でもあった。

 科学に関心を持ってもらおうと高岡志貴野ライオンズクラブ(般若進二会長)が企画。JAXA宇宙教育リーダーの和田直樹さん(56)が講師を務めた。

 児童は宇宙飛行士に見立てたマシュマロを容器に入れ、注射器で空気を抜いた。宇宙と同じ真空状態になるため、マシュマロは膨らみ、児童は興味深そうに観察した。

 和田さんは、ロケットや人工衛星も実際の打ち上げの前に、同じような真空での実験をすると説明し「宇宙開発に興味をもってくれるとうれしい」と話した。旅家賢慎君は「未知なことが多い宇宙をもっと知りたいと思った」と笑顔を見せた。

北日本新聞社

最終更新:2017/12/8(金) 8:03
北日本新聞