ここから本文です

極楽、ナイナイ岡村らが疑問視するマネジャーの“不審行動”

11/25(土) 16:45配信

東スポWeb

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】芸能界には一風変わったマネジャーが多い。それが許される空気感があるのも事実だ。だが、疑問を感じているタレントも少なくない。

 極楽とんぼの山本圭壱(49)は、舞台の合間に加藤浩次(48)と楽屋で仮眠をとっていた時、マネジャーの不審な行動を目撃してしまった。

「横になったんですよ。タオルを顔にかけて。そしたら現場マネジャーが入って来て座ったんですよ。変な予感がしたのかな、タオルを外したら、マネジャーがケータイで俺らの写真を撮ってるんですよ。『ちょっと見せてみろ、どんな写真を撮ったんだ? 送れ!』って言ったら『すみません、動画です』って。寝てるところを20秒くらい撮ってましたよ。『なんで撮ってんだ?』って言ったら『記念に…』。『お前、どっかで変なことしてんじゃねぇのか?』って」と不信感を募らせた。相方の加藤も「絶対におかしいよな。盗撮じゃん」と文句たらたらだった。

 ナインティナインの岡村隆史(47)も驚いたことがあった。

「『ぐるぐるナインティナイン』の楽屋に旧マネジャーがグワーッてものすごいスピードで入って来て『ちょっといいですか?』。今、ナイナイから(担当)外れてますよ。番組で会うことはありますけど『すみません。入籍しまして、祝儀の件なんですけど。いろんな方から、ものすごい額の祝儀もらってるんで、これはナイナイさんも一つ、やってもらわなアカンなって思いまして』って。こんな雑に『祝儀くれ』って言いに来る人っている?」

 南海キャンディーズの山里亮太(40)もマネジャーの変人ぶりをこう明かしている。

「仕事はできる子なんだけど、人として何かね、温かみがないやつ。無言で人を傷つけるというか。急に『山里さんに付かせてもらって、本当に僕、いいこと一つもありません。聞いたんです。すごいタレントさんはパワーを持っているから、周りの運とか全部吸い尽くしてしまうと。それだと思うんですけど、山里さんのせいで、財布を落としました』って」

 クレームを言われるも、山里は大スター扱いをされた手前、怒るに怒れない状況になり、結局、財布をプレゼントするハメになったとか。

「災い転じて福となす」ケースもある。博多華丸・大吉の大吉(46)がブレークするきっかけとなった「アメトーーク!」の「中学の時イケてない芸人」の回への出演オファーが来た時のこと。大吉のマネジャーが本人へ番組出演用のアンケート用紙を渡し忘れていた。

 おぎやはぎの小木博明(46)によると「大吉さんのスタイリストが『アメトーーク!』のプロデューサーさんとどっかの仕事で会って『そういえば大吉さんからアンケートが来てないんですよ』となって。そのスタイリストから大吉さんに『アンケートを催促されました?』『え?知らないよ』。期日から1週間も超えてて慌てた大吉さんはちょっと取り返そうとして、いつも以上にすごい頑張ってアンケートを書いたって。普段はそんなにやらないんだけど、その時はあまりにも申し訳ないって気持ちで4枚くらいビッシリ書いたら、それが引っかかって、そっからブレーク」だったという。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

最終更新:11/25(土) 16:45
東スポWeb