ここから本文です

Microsoft、オンプレミスVMwareワークロードのAzure移行を支援する「Azure Migrate」の正式版公開を発表

11/27(月) 8:00配信

@IT

 Microsoftは2017年11月21日(米国時間)、顧客が既存のオンプレミスのVMwareワークロードをMicrosoft Azure(Azure)に移行できるよう支援するサービスの正式版公開などを発表した。

 同社はVMwareワークロードの移行について、「Azure Migrate」によるアプリケーションの移行、各種AzureサービスによるVMwareワークロードの統合、「VMware virtualization on Azure」によるVMwareインフラのホストという3つの観点から説明した。

●「Azure Migrate」によるアプリケーションの移行

 Microsoftは11月27日から、無料サービス「Azure Migrate」のプレビュー版を正式版として提供開始する。Azure Migrateは、マルチサーバアプリケーション全体の移行を「発見と評価」「移行」「リソースとコストの最適化」という3つのフェーズに沿って支援する。

○発見と評価

 Azure Migrateは、オンプレミスのVMwareベースアプリケーションを発見できる。複数にわたるVMwareアプリケーションのグループレベルの依存関係を可視化する機能も提供する。この機能は、移行のためにアプリケーション全体を論理的にグループ化し、優先順位付けする。またAzure Migrateは、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークの使用率を検出し、サイズ提案やコストガイダンスも行う。

○移行

 Azure Migrateは、数回のクリックでオンプレミスアプリケーションをAzureに移行できる。「Azure Site Recovery(ASR)」により、VMwareで仮想化されたWindows ServerおよびLinuxワークロードを最小限のダウンタイムで移行することが可能だという。アプリケーションサーバの移行順序を指定することもできる。

 また、2017年9月のMicrosoft Ignite 2017で発表されたばかりの「Azure Database Migration Service」(プレビュー版)では、SQL ServerおよびOracleデータベースをフルマネージドの「Azure SQL Database」に直接移行できる。さらにAzureへのデータ移動を容易にするアプライアンス「Azure Data Box」を使えば大容量ストレージをAzureに移行することが可能だ。

○リソースとコストの最適化

 Azureにデプロイしたら、「Azure Cost Management」サービス(旧称「Cloudyn」。同じくMicrosoft Ignite 2017で発表されたプレビュー版)により、コストを予測、追跡、最適化できる。「Azure TCO Calculator」プレビュー版では、アプリケーションワークロードのAzure移行によるコスト削減額を見積もれる。

●AzureサービスによるVMwareワークロードの統合

 VMwareワークロードとともにさまざまなAzureサービスを使うことで、移行やデプロイを伴わずに、環境全体をクラウドとオンプレミスにわたって、安全な管理下に置くことができる。こうしたツールには「Azure Backup」「Azure Site Recovery」「Azure Security Center」「Azure Log Analytics」などがある。

●VMware virtualization on AzureによるVMwareインフラのホスト

 Azureへの移行が困難なVMwareワークロードもあるかもしれない。Microsoftはそうしたワークロードのために、AzureでVMwareスタックを実行するベアメタルソリューションである「VMware virtualization on Azure」のプレビュー版を発表した。詳細は、こちらの記事を参照してほしい。

最終更新:11/27(月) 8:00
@IT