ここから本文です

ツインズ、大谷&ダルビッシュ獲り レバインGM「最優先事項」

11/28(火) 6:04配信

スポーツ報知

 ツインズのサド・レバインGMは26日(日本時間27日)、「MLBネットワークラジオ」に出演し、ポスティング制度を利用してメジャー移籍を目指す日本ハム・大谷翔平投手(23)の獲得に乗り出すと明らかにした。ドジャースからFAとなっているダルビッシュ有投手(31)の獲得を目指すことも米メディアが伝えており、ダブル獲りへ期待がかかる。

 大谷の代理人、ネズ・バレロ氏が24日に全30球団へ、入団した場合の適合性や利点などを書面で説明するように要請。レバインGMは、バレロ氏が所属するCAAと緊密に連絡を取っているとした上で「代理人に提出する計画を立てている。現時点でそれがチームの最優先事項だ」と語った。

 ダルビッシュへの思いも同じだ。ラジオで共演した元メッツGMのJ・デュケット氏は自身のツイッターで同GMが「彼も我々の最優先事項」と発言したことを紹介。同GMは過去にレンジャーズGM補佐としてダル獲得に尽力。今でも右腕や代理人と連絡を取っているという。チーム防御率4・59はリーグ9位、メジャー全体19位。補強ポイントとも合致する。チーム史上初の日本人選手として11、12年に在籍した西岡剛内野手は活躍できなかったが、強豪復活へ燃えるレバインGMの熱意は伝わるか。

最終更新:11/28(火) 6:40
スポーツ報知