ここから本文です

瀬戸内寂聴を支える、おちゃめな29歳秘書。寝起きに下着を見せて「かわいいでしょ?」

2017/11/28(火) 17:29配信

ハフポスト日本版

瀬戸内寂聴、95歳。

チャーミングな笑顔の「尼僧」として知られるが、かつては夫の教え子などとの不倫も経験。女性の愛と性を巧みに描く「作家」としての顔も持つ。

まさに不死鳥。ライトアップされた平等院鳳凰堂の幻想的な姿

そんな寂聴さんも御年95歳。ここ数年は腰の圧迫骨折、胆のうがん、心臓と足のカテーテル手術を経験。壮絶な闘病生活は3年近く続いた。

それでも、寂聴さんは死ななかった。身体が小さく、背中が丸くなっても、創作意欲は衰えない。そんな寂聴さんを支えるのが、29歳の秘書・瀬尾まなほさんだ。

寂聴さんとは“タメ口“で言いたいことを言い合う間柄。「まなほがきてから、もう朝からずっと笑いっぱなし」と、寂聴さんは嬉しそうに語る。

66歳の年の差を感じさせない絆は、どのようにして生まれたのか。2人に聞いた。(吉川慧/ハフポスト日本版)

「文学少女じゃない、それだけで◎だった」

――7年前、秘書になったきっかけは、大学時代に京都のお茶屋さんでアルバイトをしていた友人の紹介だそうですね。

瀬尾まなほ(以下、まなほ):はい。友人から、身の回りのお世話やマネージメントをする秘書の募集があると紹介されました。先生に初めてお会いして、面接してもらった日、その場で採用されました。

――最初お会いになったとき、先生のことどう思いました?

まなほ:すごく緊張はしたんですけど、思ったより小柄で、とてもかわいらしい人だなっていうのが第一印象ですね。実は、名前と尼さんっていうことは知ってたんですけど、小説家だってことは知らなかったんです。

でも、全然怖くもなく、面接のときも気さくでした。打ち解けやすい方だなあと。

――寂聴先生は、まなほさんと初めてお会いになったときどう思いました?

瀬戸内寂聴(以下、寂聴):かわいい人だなと。でも、やっぱりちょっと変わってると思いました。「私の本を読んだことある?」って聞いたら「ない」って。私のこと知らなかったのね、全く(笑)。

でも、大体うちで働きたいって人は、みんな私のことを知った上で来るでしょ?それが全く知らないからね、面白かったですよ。文学少女じゃないって感じで。

文学少女っていうのは、身の回りを頼む秘書としては一番駄目なのよ。お掃除も、料理も下手だし...。文学少女は全部断ったの。申し込みには随分来ましたよ。でも、文学少女じゃないってことだけで◎だったのよ。

1/5ページ

最終更新:2017/11/28(火) 20:28
ハフポスト日本版