ここから本文です

【映像】ヤンゴン野外ミサに数万人 ローマ法王ミャンマー訪問

2017/11/29(水) 13:55配信

AP通信

ヤンゴン、ミャンマー、11月29日 (AP)― ミャンマーを訪問中のローマ法王フランシスコは29日、ヤンゴン市内の公園で野外礼拝を執り行った。
 ローマ法王は、数万人のカソリック教徒で埋め尽くされた礼拝会場を、「ポープモービル」から手を振って巡回した。このミサには、アウン・サン・スー・チー国家顧問が党首を務める国民民主連盟の幹部も出席した。
 この前日、ローマ法王は政府関係者や市民の代表との会合で、「ミャンマーの未来はそれぞれの民族の持つ権利を尊重するところから始まる」と述べ、「ロヒンギャ」という言葉こそ使わなかったが、暗にロヒンギャを支持する演説を行なった。
 また、スー・チー氏らとの面会でも、法王はロヒンギャ問題には直接言及しなかったが、「ミャンマーの人々は長年にわたる紛争や敵対によって苦しみ続けている」と指摘し、「ミャンマーを母国と呼ぶすべての人は、基本的人権と尊厳を保証されるべきだ」と述べた。
 ロヒンギャを巡っては、ミャンマー治安部隊による武力弾圧を、米国や国連が「民族浄化」であるとして激しく非難している。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:2017/11/29(水) 13:55
AP通信