ここから本文です

<障害福祉事務所団体>食費軽減措置の継続求める

11/30(木) 19:43配信

毎日新聞

 通所施設を利用する障害者の食費負担の軽減措置に関し、厚生労働省が来年度から廃止すると提案したことを受け、障害福祉事業所の団体「きょうされん」は30日、軽減措置の継続を求める緊急要請書を厚労省に提出した。同団体は「賃金より高い給食費を払わなければならなくなる人もいる。当事者の生活実態を無視した提案だ」と指摘している。

 軽減措置の対象者は「生活介護」などを利用する約30万人で総額約230億円。廃止されると1食あたり300円の負担増となる。対象者の賃金は月1万円未満のことも多い。

 同団体は記者会見で「給食費の負担感から通所自体を断念することになりかねない。事業者が負担するにも多額で運営に支障をきたす」と訴えた。【山田泰蔵】

最終更新:11/30(木) 19:43
毎日新聞