ここから本文です

「niconico」最大画質引き上げへ 「く」批判受け、川上会長が謝罪

11/30(木) 23:28配信

ITmedia NEWS

 ドワンゴは11月30日、動画サービス「niconico」で、動画・生放送の最大画質を引き上げると発表した。28日に発表したniconicoの新バージョン「く」の機能内容について、「新機能よりも画質・重さの改善を優先すべき」との批判が殺到したことを受け、基本機能を見直す。同社の川上量生会長は「ユーザーの不便や不満点に十分目を向けられていなかった」と謝罪している。

【画像】新ユーザーインタフェース「nicocas」

 動画の最大画質を720pから1080pへ向上。近日中にテスト運用を始め、2018年1月から本運用するという。生放送も最大画質を720pに引き上げ、18年1月から一部ユーザーに限定して提供するとしている。これら以外にも「まだまだ取り組むべき基本機能の向上がある」とし、さらなる改善を行う考え。

 ドワンゴは28日、niconicoの新バージョン「く」の詳細を発表。新ユーザーインタフェース「nicocas」を含め新機能を盛り込んだ。だが当初のリリース予定時期(10月)から遅れた上に、以前からユーザーの多くが指摘していた画質・読み込み速度の課題が「完全には解決していない」(川上会長)ことが明らかに。ネット上では「新機能を実装するよりも基本機能を優先して改善すべきではないか」といった批判が相次いだ。

 これを受け川上会長は30日、「新サービス発表以前に根幹となる部分の見直しをしなければいけないことを身をもって体感いたしました」とコメント。

 「われわれ運営が積極的に取り組まなければいけない基本的な部分がおざなりになっていたこと、ユーザーの皆さんの不便や不満点に十分目を向けてられていなかったことについて改めて深くおわびさせてください」(川上会長)

 「く」の公開日は2月28日から変更しないが、基本機能の向上に注力するため、12月3日に予定していた、ユーザー向けのnicocas体験会は中止する。

 「頼りない運営かと思いますが、皆さまの叱咤激励を有難く受け止めると共に有言実行して参りたい」(川上会長)

最終更新:11/30(木) 23:28
ITmedia NEWS