ここから本文です

「最新治療でマイナス10歳」医師を提訴 注射2本で約260万円

11/30(木) 14:39配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

「最新治療でマイナス10歳」などとうたった広告を見て、美容クリニックを訪れた女性らが、高額な治療費を不当に請求されたと主張し、医師らを相手取って損害賠償などを求める訴えを起こした。
原告の女性は「鏡に映る自分を見て、“お前はだましやすい顔をしているのか“と毎日泣いたが、今はただただ詐欺にあった料金を早く取り戻したい」と話した。
60代と80代の女性は、若返り効果を訴える新聞の折り込み広告を見て訪れた美容クリニックで「十分な説明がないまま、注射2本でおよそ260万円を請求された」などと主張している。
女性2人はクリニックを開設した医師らを相手取り、およそ1,090万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした。
弁護団によると、医師らは少なくとも10のクリニックを開設し、14人が同様の被害を受けているという。

最終更新:11/30(木) 14:39
ホウドウキョク