ここから本文です

『ジャンプ』50周年豪華企画発表 『HUNTER×HUNTER』復活、人気作家陣の新作読み切りなど

12/4(月) 5:00配信

オリコン

 冨樫義博氏の人気漫画『HUNTER×HUNTER』が、来年1月29日発売の『週刊少年ジャンプ』9号より再開することが決定した。9月以来4ヶ月ぶりの再開で、4日発売の同誌1号で発表された。

【画像】50周年イヤーの豪華企画発表ページ

 2018年に創刊50周年を迎える『週刊少年ジャンプ』。記念すべきイヤーの第1号では、『HUNTER×HUNTER』復活のほか、さまざまな豪華プロジェクトが発表された。

 『BLEACH』の久保帯人氏や『トリコ』の島袋光年氏など実力派作家の新作読み切りが次々と登場。第1弾として、11日発売の2・3合併号で『めだかボックス』の西尾維新氏と『いちご100%』の河下水希氏のタッグによる作品が掲載される。

 その後も、来年1月6日発売の6号では『ニセコイ』の古味直志氏の新作を掲載し、以降も久保氏、島袋氏、『セクシーコマンドー外伝すごいよマサルさん』のうすた京介氏、『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛氏、『べるぜバブ』の田村隆平氏の作品が掲載予定となっている。

 続いてのプロジェクトは、来年度の同誌の背表紙のデザインが50年の歴史を振り返る“メモリアル背表紙”への変更。1号では創刊された1968年当時のデザイン、次号の2・3合併号では1969年当時のデザイン、と順に50年の歴史を振り返ることができる背表紙になる。

 さらに発表されたのが、1月15日発売の7号と22日発売の8号からの新連載。7号からは坊主退魔アクション『BOZEBEATS』(平野稜二)、8号からは読み切り『阿佐ヶ谷芸術高校映像化へようこそ』のコンビによる連載『アクタージュ act-age』(原作:マキタタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)がスタートする。

最終更新:12/4(月) 18:31
オリコン