ここから本文です

【UFC】アリスター失神KO負け、超新星ガヌーが王座戦へ大きく近づく

2017/12/3(日) 15:07配信

イーファイト

Ultimate Fighting Championship
総合格闘技「UFC 218」
2017年12月2日(土・現地時間)アメリカ・ミシガン州デトロイト リトル・シーザー・アリーナ

【フォト】王者ミオシッチも昨年9月にアリスターを失神KO

▼セミファイナル ヘビー級 5分3R
○フランシス・ガヌー(31=カメルーン/同級4位)
KO 1R 1分43秒
●アリスター・オーフレイム(37=オランダ/同級1位)

 アリスターは昨年9月のUFCヘビー級タイトルマッチで、現王者スティペ・ミオシッチに初回KO負け。だが、その後はマーク・ハントとファブリシオ・ヴェウドゥムを相手に2連勝を上げ、ヘビー級1位にまでランキングを上げた。

 対するガヌーは高い身体能力を武器に、2015年12月のUFC初参戦から無傷の5連勝をマーク。判定決着はキャリア唯一の黒星となっている2013年のプロ2戦目のみで、それ以外はすべて一本勝ちかKO勝ち。しかも、そのすべてが2R以内に決着している。

 1R、アリスターがいきなり間合いを詰めて左フック。これはヒットせず、今度は組みつくアリスターだが、体格で勝るガヌーにケージへ押し返される。このまま膠着し、レフェリーが両者をいったん離して試合再開。

 直後にガヌーはジャブを繰り出しながら前進。アリスターは打ち合いに転じ、頭を下げながら右フック、即座に左フックも放つが、これが大振りとなったところでガヌーが豪快な左アッパー一閃。完全にアゴを打ち抜かれたアリスターは、後方へばたりと倒れ失神した。

 衝撃の結末に沸く会場。ガヌーがランキング1位のアリスターを秒殺KOし、ヘビー級王座次期挑戦はほぼ確実となった。試合後、対戦相手とチームメイトに感謝の言葉を述べ、「スティペ・ミオシッチを倒したい。準備は万端だ」と意気込んだ。

Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

最終更新:2017/12/3(日) 21:25
イーファイト