ここから本文です

【DEEP JEWELS】アイドルだって格闘技で勝てる、仮面女子・川村デビュー戦完勝

2017/12/3(日) 19:59配信

イーファイト

「DEEP JEWELS 18」(12月3日 東京・新宿FACE)

▼第6試合 DEEP JEWELSアトム級 3分2R特別ルール
〇川村虹花(仮面女子)
判定3-0 ※三者とも20-18
●REICA(ISHITSUNA MMA GYM)

【フォト】川村はタックルで次々とテイクダウンを奪った

 大きな注目を集めてMMA(総合格闘技)デビュー戦を迎える、アイドルグループ「仮面女子」のメンバーである川村。対するREICAもこれがMMAデビュー戦だが、アマチュアボクシングで、東海大会は高校1年生から3年生まで全て優勝、全日本選手権ではベスト4、全国選抜で2位、そしてJOCのジュニアオリンピックでも2位という輝かしい成績を収めている。

 仮面女子のメンバーと共に、仮面を付けて現れた川村はリング上でチェーンソーを振り回し、仮面を高々と掲げてアピール。堂々としたパフォーマンスに駆け付けたファンから大歓声が飛んだ。

 1R、川村が左ミドルキック連打で先手を取り、場内がどよめく。REICAがパンチを打ってくると川村も応戦し、いいタイミングでタックルを決めてテイクダウンを奪う。しばらく抑え込んで立ち上がられたが、再びパンチに合わせてテイクダウン。サイドポジションを奪ってこのラウンドを終えた。

 2R、川村は左ハイキック2連打、さらに左ミドルと蹴りで前に出ていく。パンチでも打ち合い、REICAがパンチで前に出てくるとタックルを決めてテイクダウン。ポジションを変えながら肩固め、ボディへのパンチを仕掛ける。

 REICAは川村を蹴り飛ばして立ち上がるが、川村は逃さずすぐにタックルでテイクダウン。上から抑え込んだところで試合終了となり、ジャッジ三者とも20-18を付けるフルマークの完勝。デビュー戦を見事な勝利で飾った。

 川村はマイクを持つとジュエルス関係者、ジム関係者、家族、ファンにお礼を言うと次のように語り始めた。

「中にはミーハーな気分で格闘技をやるな、格闘技をナメるなと少なからずそういう意見があることも承知でこの試合に挑みました。でも週6回、朝から夕方まで毎日練習して試合に勝つことが出来ました。それでもまだまだ、アイドルが格闘技をやるのかって思われる方もいるかもしれません。でも私は本気です。本気で格闘技に取り組んでいるし、総合格闘技というものに尊敬の念を抱いています。

 今、私が出来ることは格闘技に真剣に向かって一生懸命に練習して、みなさんにいい試合をお見せすることだと思っています。いま正直な気持ち、勝った後ですが、美味しいものを食べたいとか、休みたいとか、そういう気持ちは一切ありません。今からでも練習したいくらいで、反省点がいっぱいあります。私はこれからも格闘技に挑戦してしていきます」と思いのたけを語ると、マイクではなく地声で「ありがとう!」と叫んだ。

最終更新:2017/12/4(月) 0:19
イーファイト