ここから本文です

M-1 上沼恵美子の激怒審査「怖い」の声に関西人「あれが普通やで」

12/3(日) 23:08配信

デイリースポーツ

 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ 2017」の決勝が3日、都内で開催され、結成15年のコンビ・とろサーモンが優勝した。

【写真】あの大物アナも上沼を絶賛「天才です」

 昨年に続き審査員を務めた上沼恵美子が、今年も絶好調。冒頭、ネットの「顔白い」指摘に怒る自虐ネタを繰り出し、因縁のカミナリには公開指導。マヂカルラブリーのネタには激怒コメントを発し、最後のとろサーモン優勝後には涙。上沼の大暴れ審査に、ネット上では「怖い」「言い過ぎ」との投稿が相次いだが、一方で関西人とみられるユーザーからは「関西では普通なんだけど」「安定の面白さ」「あれ怖いのは大阪で育ってないね」との指摘が連続した。

 特に「きつい」「かわいそう」との指摘があったのは、マヂカルラブリーへのダメ出し。審査員全員が80点台の低い点数をつけ、最も低い「83点」をつけた上沼恵美子は、コメントを求められると「ごめん聞かないで」と下を向いて拒否。

 促されると「好感度あげようと思ったら審査員もいい点を押したらいいわけです。でも、本気で挑んでるんで、みんな。本気で私も挑んでます」と怒り顔で語った。

 マヂラブが「僕らも本気で…」と話すと、上沼は巻き舌で「本気でやってるちゅってんねん!こっちも!」と激怒。「一生懸命がんばってるけど、好みじゃない。ごめんね。よう決勝残ったなと思って。もういいですか」と切り上げた。

 ただ、上沼節に慣れている関西人からは「愛があるから厳しいんやで」「毎週、あのノリやぞ」とのコメントが続いている。