ここから本文です

マンUが敵地でアーセナル撃破!デ・ヘアの好セーブ連発で4連勝もその代償は重く…

12/3(日) 9:00配信

ゲキサカ

[12.2 プレミアリーグ第15節 アーセナル1-3マンチェスター・U]

 プレミアリーグ第15節が2日に行われた。マンチェスター・ユナイテッドはエミレーツスタジアムでアーセナルと対戦し、3-1で勝利した。

 アーセナルは前節ハダースフィールドから中2日ではあるが、同じ11人を起用。軽傷を抱えるFWアレクシス・サンチェスとFWアレクサンドル・ラカゼットもスタメンに入った。対するユナイテッドも前節ワトフォード戦と同じメンバーを送り出し、負傷交代したMFネマニャ・マティッチもスターティングメンバーに名を連ねた。

 注目の上位対決は早々に動いた。ユナイテッドは前半4分、敵陣中央あたりでDFローラン・コシールニーの横パスをMFアントニオ・バレンシアがパスカット。MFポール・ポグバに預けてPA右でリターンパスを受けると、GKペトル・チェフの股間を抜く右足シュートを流し込み、先制に成功した。

 さらにユナイテッドがエミレーツのアーセナルファンをどん底に突き落とす。前半11分、今度はDFシュコドラン・ムスタフィのパスをFWロメル・ルカクがカット。ゴール前に走り込んだFWアントニー・マルシャルにスルーパスを通し、ヒールで落としたボールをリンガードが右足でゴール左隅に流し込み、2-0とリードを広げた。

 早々に2点ビハインドとなったアーセナルは反撃に転じ、前半32分にラカゼットに決定機もGKダビド・デ・ヘアに当たってクロスバーを直撃。その後もことごとくGKデ・ヘアの好セーブに阻まれ続け、前半終了間際のサンチェスのFKからルカクのオウンゴールかと思われたが、GKデ・ヘアが圧巻の反応で弾き出し、前半のうちに1点を返すことができなかった。

 それでもアーセナルは後半4分、サンチェスがディフェンスラインの裏に出した浮き球パスに2人抜け出し、MFアーロン・ラムジーが後方に落としたボールをラカゼットが冷静に右足で沈め、1-2。11分には、FWアレックス・イウォビのパスをPA中央で受けたラカゼットが左足を振り抜き、GKデ・ヘアが弾いたボールをサンチェスも左足で狙ったが、立て続けにGKデ・ヘアに止められ、同点のチャンスを逃した。

 すると、ユナイテッドがカウンターから追加点を奪う。後半18分、リンガードがドリブルで中央を駆け上がり、右に展開。PA右に侵入したポグバがコシールニーをかわして中央へ折り返すと、リンガードが右足で合わせ、3-1と再びリードを2点とした。ジョゼ・モウリーニョ監督は珍しくベンチを飛び出して喜びを爆発させた。

 試合を優勢に進めるユナイテッドだが、後半29分にポグバがアフター気味にDFエクトル・ベジェリンの左足を踏みつけてしまい、一発レッドで退場。残りの時間を10人で戦うことになってしまう。それでも守護神の再三の好セーブで勝ち切り、ユナイテッドは4連勝とした。しかし、次節マンチェスター・シティ戦はポグバなしで臨むことになってしまった。

最終更新:12/4(月) 18:57
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合