ここから本文です

ハミルトン「フェラーリ移籍は考えられない。メルセデスでF1キャリアを終えたい」

2017/12/4(月) 18:55配信

TopNews

ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が、将来的にフェラーリへ移籍する可能性はないと主張した。

2017年に通算4回目のF1ドライバーズタイトルを獲得したハミルトンだが、メルセデスAMGとの現在の契約は2018年シーズンまでとなっている。

■フェラーリ移籍は想像もできない

そのハミルトンが2019年にフェラーリに移籍する可能性もあるのではないかとのうわさもある。だが、ハミルトンはドイツの『Stuttgarter Zeitung(シュトゥットガルター・ツァイトゥング)』に次のように語った。

「僕がフェラーリへ移籍するなんて想像もできないし、それが変わるとも思えないよ」

最近しばしばF1引退を口にするようになったハミルトンだが、すでにメルセデスAMGとの間では2019年以降の契約延長に向けた話し合いが開始されているものと考えられている。

■メルセデスでF1キャリアを終えたい

「僕はメルセデスとの関係がすでに13年になる。それは多くの従業員たちよりも長いし、どのF1ドライバーよりも長いんだ」

そう語ったハミルトンは、次のように付け加えた。

「僕は彼らのために働くことに誇りに感じているし、ここで自分のキャリアを終えたいと思っているよ」

■2018年もライバルたちには負けない

そう語ったハミルトンは、2018年にはフェラーリやレッドブルとの戦いがさらに激しさを増すだろうと考えている。

「僕にかかるプレッシャーがもっと大きくなり、一層厳しい状況になればなるほど、それは僕にとってはいいことだよ」

ハミルトンはそう主張すると次のように付け加えた。

「今のメルセデスAMGはすごく調子がいいし、それを変えることができるものは何もないと思っているよ」

最終更新:2017/12/4(月) 18:55
TopNews