ここから本文です

「バチェラー・ジャパン」シーズン2参加者発表! 指原莉乃、早くも「嫌い!」など毒舌まき散らす

2017/12/4(月) 14:30配信

cinemacafe.net

Amazon 配信で大反響を呼んだ恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」のシーズン2に参加する女性20名が12月4日(月)に発表され、都内でイベントが開催!番組内のトークセッションに出演する今田耕司、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、指原莉乃(HKT48)が来場し、女性陣への印象やイチオシの女性について熱く語り合った。

【写真】指原莉乃(HKT48)「嫌いな人が残らないとつまんない」

1人の独身男性(バチェラー)のハートを射止めるために、集められた美女たちがゴージャスな婚活を繰り広げ、大きな話題を呼んだ同番組。各話の最後にバチェラーが選んだ女性にのみバラが渡され、バラを受け取れなかった女性は番組を去るという形式で、最後に残った一人の女性にバチェラーは結婚を前提にした交際を申し込む。

■新バチェラー小柳津さん、2か月半、会社を休んで参戦!


シーズン2でバチェラーを務めるのは、ニューヨーク育ちの帰国子女で、慶應大学を卒業し、現在はIT企業の幹部として働くイケメン、小柳津林太郎氏。この日のトークにも出席した小柳津さんは「まさか自分が出ることになるとは…。光栄です」と同番組への参加を語ったが、出演にあたっては2か月半、会社を休み、携帯電話などを一切、見られない環境で過ごさねばならなかったという。指原さんは「よく応募しようと思いましたね」と語り、藤森さんも「男性もさらけ出さないといけないので、勇気がいる」と小柳津さんの勇気をたたえた。

■女性参加者は20名! 変人、肉食、ダメ男製造機…?
そして、いよいよ女性参加者が発表! シーズン1は25名だったが、シーズン2は20名となっており、そのぶん、デート部分などの内容がシーズン1以上に濃くなっているとのこと。最年少は21歳で最年長は31歳。「変人と呼んでほしい嬢」「ダメ男製造機」「こじらせ姫」、「呪われた不運ガール」「横取りしたガール」などなど、キャッチコピーの段階で強烈な個性が光る20名が参戦! 職業もOLからシンガー、モデル、幼稚園教諭に元プロ野球のチアガールなど様々。


■藤森注目の女性に指原は「キライ!」
この中から、藤森さんは、自信が注目する3名をピックアップ! 「色気に自信あり」という28歳モデルの若尾綾香さんは、インタビューで「スキがないとよく言われる。空気が読めすぎてしまう」と語っており、過去には「結婚しよう」と男性からプロポーズされた過去があることも告白。今田さんは、インタビュー時の姿と水着姿の映像を見比べて「ギャップがある!」と興奮気味。一方、指原さんは「嫌いだな」と即答。それでも「嫌いな人が残らないとつまんない」と期待(?)も口にする。


2人目の藤森ピックアップは「肉食バイヤー」こと桃田奈々さん。藤森さんは「20人の中で一番エロそう!」とイチオシ。そして3人目の福良真莉香さんは「本当の愛を知っている宇宙人」というキャッチコピーだが、「笑顔がいい」(今田さん)、「性格がいい」(藤森さん)、「いい子! もしこの子とお別れになったら泣くと思う」(指原さん)と3人とも絶賛! 果たして最後まで生き残るのは…?


今田さんはシーズン2について「えげつない内容になってます。全てにおいてスケールアップしています」と語り、藤森さんは「おすすめの楽しみ方は1話から推しメンを見つけること」と力説。指原さんは「紹介映像を見ただけでも面白いこと間違いない。前回よりもキャラの濃いみなさんがそろってるんじゃないかと愉しみです」と期待を寄せていた。

「バチェラー・ジャパン」シーズン2はAmazon プライムビデオにて2018年春、配信。

最終更新:2017/12/4(月) 18:18
cinemacafe.net