ここから本文です

酒井高徳、HSVの戦術批判に反論「気にしない。すべてのチームがバイエルンではない」

12/4(月) 16:34配信

GOAL

ハンブルガーSV(HSV)の主将を務める日本代表DF酒井高徳は、チームに対する批判を気に留める様子はない。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

HSVは2日、フライブルクとの下位直接対決でスコアレスドローに終わった。開幕から14試合で14ポイント、15位に沈むチームに対しては批判が飛んでいる。バイエルン・ミュンヘンのSD(スポーツディレクター)職を務めたマティアス・ザマーがその一人だ。

ザマー氏はフライブルク戦後、「彼らはサッカーをプレーしたくないようだった」とコメント。ボールを受けることを避け、ミスを恐れているような姿勢で試合に臨んだHSVを批判している。

しかし、酒井は「外部の批判を気に留めることはないです。彼が言っていることや考えていることも気にしていません。すべてのチームがバイエルンではないですからね」と話す。

ディフェンスラインの一角を担うキリアコス・パパドプロスも「良いサッカーをするより勝ち点を取らないと」と現実的な姿勢を見せる。

いずれにしろ、1ポイントでも多く積み上げ、早く降格圏から遠ざかりたいところだ。

GOAL

最終更新:12/4(月) 16:34
GOAL

スポーツナビ サッカー情報