ここから本文です

【スターダム】イオ 挑戦者クレインの怪力に余裕失う

2017/12/4(月) 16:45配信

東スポWeb

 3日の女子プロレス「スターダム」東京・新木場大会で、ワンダー・オブ・スターダム王者の紫雷イオ(27)がピンチに立たされた。

 2度目の防衛戦(10日、新木場)で迎え撃つケリー・クレイン(26)と「4対4イリミネーションマッチ」で前哨対決すると、人間離れした挑戦者のパワーに大苦戦。敵軍をクレインだけにして2対1の数的優位をつくったにもかかわらず、強烈なラリアートで場外まで吹っ飛ばされ、オーバー・ザ・トップロープで無念の脱落となった。

 結局自軍も敗れてしまい「3カウントは取られてない!」と強がったが、思わぬ強敵の出現に余裕はなかった。

 くしくもイオがV14の最多防衛記録をつくった赤いベルトことワールド王座は、王者のトニー・ストーム(22)が1日の女子プロイベント「RIZE」(米ロサンゼルス)でメルセデス・マルチネス(37)相手にV2に成功したばかり。

 イオは「自分じゃない人間が赤いベルトを巻いていることにジェラシーがある。こうなったら、このベルトを赤以上に輝かせてみせます」と気持ちを切り替えたが、果たして…。

最終更新:2017/12/4(月) 16:45
東スポWeb