ここから本文です

【新日】NEVER王者みのるに後藤がストーカー宣言

12/4(月) 16:45配信

東スポWeb

 新日本プロレスの後藤洋央紀(38)がNEVER無差別級王者・鈴木みのる(49)への挑戦実現へ向け、悲壮な決意を明かした。

 現在みのるにNEVER戦2連敗中だが、王座返り咲きを狙った挑戦表明を拒否された。ワールドタッグリーグ(WTL)公式戦(11月18日、後楽園)ではみのるから直接3カウントを奪ったものの、挑戦権を確定できずにいる。

 後藤にとって4月広島大会で強奪されたベルトの奪還は最優先事項。「ケジメをつけないといけない。ストーカーじみているかもしれないけど、こんなに思い続けたのは人生で初めてですよ。まだ(アピールが)足りないってことでしょう。アイツが『やる』と言うまで追い詰めてやる」。年間最大興行の来年1月4日東京ドーム大会も約1か月後に迫るが「年を越すのも覚悟の上ですから」と、あえて舞台にもこだわらず、王者が認めるまで無期限で追い回すつもりだ。

 YOSHI―HASHI(35)とのコンビで出場中のWTLで優勝すれば、IWGPタッグ王座戦線にも浮上する。しかし後藤は「(NEVER王座を)先に言葉に出しているんで。タッグ(王座挑戦)は後回しにしてでもNEVERです」と頑固なまでに言い切り、優勝してもNEVER優先のスタンスを崩すつもりはないという。

 どこまでもしつこく食い下がる荒武者の意地が実る日は訪れるのか。

最終更新:12/4(月) 16:45
東スポWeb