ここから本文です

<経団連>品質管理調査を要請 データ改ざん受け

12/4(月) 19:24配信

毎日新聞

 経団連の榊原定征会長(東レ相談役)は4日の記者会見で、神戸製鋼所や東レ子会社などの品質検査データ改ざんを受け、会員企業と団体を合わせた1500社・団体に品質管理で不正や不適切な行為がないか自主的な調査を求め、法令違反などが確認された場合は速やかに公表するよう文書で通達すると発表した。

【記者会見に臨む東レの日覚昭広社長ら】

 榊原会長は一連の不正について「わが国企業の国際的な信用、国民の信頼を失いかねない重大な事態と重く受け止めている」と陳謝。「万一、法令違反などが確認された場合は、速やかに公表し、経営トップが問題解決や原因究明に当たるよう各社に要請する。経団連としてその結果を集約して報告したい」と述べ、年内をめどに調査を進める考えを示した。

 榊原会長は今回の東レのように企業間の取引で不正が発生した場合は「当事者間で話がついて済む場合もある。企業間には守秘義務もあり、何でもかんでも公表する義務を課せられているわけではない」とも述べ、公表するのは法令違反が中心になるとの考えを示した。今回の調査に強制力はなく、自主的な調査がどこまで進むか注目される。【川口雅浩】

最終更新:12/4(月) 21:51
毎日新聞