ここから本文です

京都市内にイノシシ出没相次ぐ、学校内にも2頭侵入

12/4(月) 19:15配信

MBSニュース

MBSニュース

 4日午前、京都・東山の学校にイノシシ2頭が侵入し校内が一時騒然としました。午後には観光客が行き交う街中にも別のイノシシが。今年、イノシシの出没が相次ぐ京都。何が起きているのでしょうか。

 ものものしい雰囲気に包まれた京都の学校。校内で一体何が?衝撃の瞬間をスマートフォンが捉えていました。

 【視聴者提供の動画より】
 食堂のガラスめがけて突進してくるイノシシ。一度ガラスにぶつかったあと撮影者と一瞬、目が合い…さらに体当たりを繰り返します。校舎の1階ではごみ箱をあさる様子が。階段の上から生徒たちが見守っていると…階段を一気に駆け上がるイノシシ。笑っていた生徒たちが一気に逃げ惑う様子はまるでホラー映画のようです。

 「けっこう暴れてる感じで、モノにぶつかっていってる感じで暴れてました」(男子学生)

 イノシシが侵入したのは京都市の東山中学・高等学校。近くには永観堂や南禅寺など紅葉の名所ばかり。校内に侵入したイノシシは2頭。1頭は追い込まれプールへと逃げ込みます。駆けつけた警察や猟友会によって捕獲されたイノシシ。その後、校舎に逃げ込んだもう1頭も捕獲され、2頭とも死んだことが確認されたということです。生徒や職員にけがはありませんでした。これで一件落着かと思いきや…近くの琵琶湖疏水の周辺で別のイノシシ3頭が見つかり、再び大捕り物が始まります。

 今年、イノシシの出没が相次いでいる京都。5月にはウェスティン都ホテル京都のロビーに、6月には京都大学の熊野寮に。先月にも道路を走り回り、ぶつかった工事中の作業員が腕を骨折する被害が出ました。そして4日、一気に5頭が出没。なぜこれほど相次いでいるのでしょうか?

 「ちょっとイノシシが人なれしてきている印象がある。(街中に)食べられる物があって、そこまで行っても大丈夫やなというのがあると、出てきやすくなる。生ごみとか、万が一餌付けしている方がいたら、絶対に控えてほしい」(京都市地域自治推進室 式部圭課長補佐)

MBSニュース

最終更新:12/4(月) 19:56
MBSニュース