ここから本文です

【チャンピオンズC】2着テイエムジンソク 古川「勝ちに行って負けた」

12/4(月) 21:48配信

東スポWeb

 3日のGI第18回チャンピオンズカップ(中京競馬場=ダート1800メートル)は8番人気のゴールドドリームが優勝。並み居る強豪を差し置いて、GI初挑戦ながら1番人気に支持されたテイエムジンソクは2着に敗れたものの、そのレースぶりは人気馬にふさわしい堂々としたものだった。

 スタートをうまく決めてスッと2番手に。道中はスムーズに運び、4角で手応え良く先頭のコパノリッキーに並びかけるこれまで通りの競馬を展開した。「勝ったと思ったけどね。GI初挑戦で勝ちに行く競馬をして最後の最後まで頑張ってくれた。勝ちに行ってレースに負けた感じかな」と古川。「いつもの感じで行っているけど、なかなかリッキーをかわせなかった。そのあたりがGIホースなんだろうね」。それでも頂点の戦いを経験したことは馬の今後につながるはずだ。

 古川本人にしてみれば、1997年のアインブライド(阪神3歳牝馬S=当時)以来20年ぶりのGI制覇がゴール前で幻となった形だが「自分のレースはできたから。また頑張ってくれるでしょう」とすぐさま前を向いたのも、馬の能力を再確認できたからだろう。

「今回が本当の試金石だけど、ジョッキーはうまく乗ってくれたし、馬も頑張ってくれた。次に期待だね」と木原調教師。

 今後はリフレッシュ放牧で来年に備える予定。ダートG�戦線に強力な先行力を持った新戦力がレギュラーとして加わりそうだ。

最終更新:12/4(月) 21:48
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ