ここから本文です

円下落、一時113円台=東京市場

12/4(月) 19:01配信

時事通信

 4日の東京外国為替市場の円相場は、一時、約半月ぶりの1ドル=113円台に下落した。米上院で税制改革法案が可決され、成立に向けて前進したことから、ドル買い・円売りが優勢となった。午後5時現在は、112円98~99銭と前週末比37銭の円安・ドル高。 

最終更新:12/4(月) 21:28
時事通信