ここから本文です

ロックと地元の関係は? 人間椅子、氣志團、怒髪天、向井秀徳が「AERA」で証言

2017/12/4(月) 17:35配信

音楽ナタリー

本日12月4日に発売された雑誌「AERA」2017年12月11日号にて、「地元あるから生まれた音楽 バンドマン、地元愛かく語りき」と題された記事が掲載されている。

【写真】人間椅子(他4枚)

ライターの松永良平氏が「ロックと地元」というテーマで執筆したこの記事には、人間椅子、氣志團、怒髪天、向井秀徳の4組が登場。故郷への思い、活動における影響、地元と自分たちが作り出す音楽との関係性などを語っている。

最終更新:2017/12/4(月) 17:35
音楽ナタリー