ここから本文です

西本願寺の重文「総門」に傷=京都

12/4(月) 22:31配信

時事通信

 4日午後4時ごろ、京都市下京区の西本願寺で、国の重要文化財「総門」に傷があると警備員から通報があった。

 木製の南側袖塀に硬いもので引っかいたような傷が4カ所確認され、京都府警下京署は文化財保護法違反容疑で捜査を始めた。

 同署によると、傷は地面から約30~80センチの高さにあった。円や縦線のような傷で、最も大きなもので縦約30センチ、横約20センチあった。

 総門付近は人通りが多く、寺の警備員が3日午後4時半ごろ巡回した時には、異常はなかったという。 

最終更新:12/4(月) 22:35
時事通信