ここから本文です

ヒルクライム、無期限活動停止を発表 DJ KATSU逮捕にTOC「大変ショック」

12/4(月) 12:22配信

スポーツ報知

 ヒップホップユニット「Hilcrhyme(ヒルクライム)」で「DJ KATSU」として活動する斎藤桂広(かつひろ)容疑者(38)が、1日に大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されたことを受け、契約するレコード会社のユニバーサルミュージックは4日、ユニットの無期限活動停止などを発表した。ユニットを組むTOCも「とても驚き大変ショックを受けています」とコメントした。

【写真】ヒルクライム・TOCによる直筆のFAX

 逮捕容疑は1日、自宅で乾燥大麻1袋を、新潟市内にある自身が経営する会社事務所で小分けされた乾燥大麻4包みをそれぞれ所持した疑い。斎藤容疑者の薬物に関する情報があり、静岡県警が1日に自宅などを家宅捜索、乾燥大麻を発見した。

 ユニバーサルは「非常に遺憾であり、日頃からHilcrhymeを応援頂いているファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご心配をお掛けしましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

 「DJ KATSUのとった行動の社会的責任の重さを真摯に受け止め、以下を決定いたしました」として「Hilcrhymeの無期限活動停止」「ユニバーサルミュージック合同会社とHilcrhymeとのレコーディング契約の解除」「ユニバーサルミュージック&EMIアーティストとDJ KATSUとのマネージメント契約の解除」とHilcrhymeの作品について「CD/映像商品全タイトルの即時出荷停止」「CD/映像商品の回収」「全楽曲/映像のデジタル配信の即時停止」を決定した。

 また12月5、7日に予定していたFCツアー、31日に予定していたカウントダウンライブへの出演もキャンセルとした。TOCについてはソロ活動を継続する。

 TOCは直筆のコメントを報道各社に送付し「この度は、メンバーであるDJ KATSUの不祥事により、ファンの皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。私自身、この一報を聞いて とても驚き大変ショックを受けています」とコメント。

 「結成から11年目を迎え、新たに走り出そうとした矢先に、このようなご報告をしなければいけないことは残念でなりませんが、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。今、弁護士を通じて伝え聞くしかなく、私自身はKATSUと会話が出来る状況ではありません。時期が来たら二人で話して、今後どのようにするか決めたいと思います」とした。

最終更新:12/5(火) 8:31
スポーツ報知