ここから本文です

冬将軍が西日本へいざ出陣 5日(火)は西日本日本海側で初雪の可能性

12/4(月) 17:26配信

ウェザーニュース

 今日4日(月)は本州の南北を低気圧や前線がそれぞれ通過し、全国的に雲が多く、広いエリアで雨が降りました。

 明日5日(火)は日本海側ほど雨や雪が降りやすくなります。雪を降らせる目安である上空1500mで-6℃の強い寒気の影響で、山陰など西日本の日本海側では初雪の可能性があります。冷たい風が吹いて寒いので、防寒が必須の1日となります。

 そろそろ西日本も冬将軍の配下になりそうです。


◆北日本:積雪が増加する恐れ
 明日5日(火)の北日本は、北海道の南岸を低気圧が通過するため、広いエリアで雨や雪が降ります。

 北海道の太平洋側など、普段降りにくいエリアでも、まとまって雨や雪が降る見込みです。特に道南や道央では昼頃まで、道東では夕方まで雪が降り続け、積雪が増加する恐れがあります。

 平野でも道路にしっかりと積もる恐れがあるため、雪かきの準備は早めに行う必要があります。雪かきは転落や落雪などに気をつけ、安全を確認しつつ行うようにしてください。

 気温は引き続き低く、防寒が必須の寒さとなります。


◆西日本日本海側:初雪の可能性あり
 西・東日本は日本海側を中心に雨や雪が降ります。雪を降らせる目安である上空1500mで-6℃の強い寒気がグッと南下するため、山陰など西日本の日本海側でも雨から段々と雪に変わり、初雪となる可能性があります。

 また、風のぶつかり合いにより、活発な雲が通過するため、北陸から山陰では落雷や突風、アラレに注意が必要です。

 寒気が南下する分、気温は低め。真冬の寒さに厚手のコートなどで防寒が必須です。

 太平洋側では日差しが届きます。ただ、太陽の温もりよりも、冷たい風の方が勝りそう。特に西日本は真冬並みの寒さとなるため、手袋やマフラーなど、小物をうまく使って防寒をしてください。

ウェザーニュース