ここから本文です

アスルグラナを見学したライカールト「バルサ時代は良い思い出ばかりだ」

2017/12/4(月) 19:54配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 アスルグラナを去ってから9年後、フランク・ライカールトが再びバルセロナに戻ってきた。元指揮官はカンプ・ノウで行われたセルタ戦を息子と観戦したあと、バルサのトレーニングを見学する予定を組んでいる。シウタット・エスポルティーバに向かう前、ライカールトはムンドデポルティーボのインタビューに応じてくれた。

【DAZN】ラ・リーガ観戦ツアーにご招待!『La Liga Experience』キャンペーン開始

 2013年に3年間務めたサウジアラビア代表監督を辞めたあと、現場を離れたままのライカールトだが、その新しい人生や、バルサでの懐かしい思い出などを語ってくれた。現在のアスルグラナを評価するに当たっては、古巣との適度な距離感を保つことを心がけたようである。

-フランク・ライカールトのこれまでの半生は?

「ベンチに座ってチームを指揮することに未練は無い。私は重大な決断を下し、その結果落ち着いた人生を送っている。今の生活はとても幸せだ。もちろん、フットボールは大好きだし、テレビやスタジアムでたくさんの試合を観戦しているよ」

-この先、あなたが指導者に復帰する可能性は?

「無いよ。もう監督業は辞めたんだ」

-スポーツディレクターの仕事でもやりませんか?

「それも無いね。今は家族と過ごすことが重要だし、フットボールは1人のファンとして楽しんでいるだけだ」

-バルセロナがあなたに与えたものは何ですか?

「昨日、息子と一緒にカンプ・ノウに行ったけど、8歳になったばかりの彼にとっては大きなプレゼントになったね。息子にはこの偉大なスタジアムで試合を観させたかった」

-息子さんはバルサのファンなんですか?

「熱心なファンじゃないけど、お気に入りのチームみたいだね。息子が初めて試合を観戦したスタジアムがカンプ・ノウなんだ。試合内容?私はコメントする立場にはないよ」

-バルサは元第二監督であるファン・カルロス・ウンスエと対戦したのですが、そのことについてもコメントできませんか?

「私が言えるのは、セルタ戦はとても複雑な試合になったということだけだ。ウンスエはバルサのことを知り尽くしており、戦術的にも十分準備していたことが分かった」

-バルベルデ率いる今のバルサはどうですか?

「私は今のバルサについて何かをコメントすることはできない。ただ試合を観て興奮しただけだ。息子も楽しんでいたよ」

-最後の質問ですが、バルサやバルセロナの街にはどんな思い出がありますか?

「とても良い思い出ばかりだ。素晴らしいファン、優秀な選手たちと共に、バルサという偉大なクラブで仕事ができたことが誇りだ。当時のことには今でも満足しているよ」

Mundo Deportivo