ここから本文です

バドミントン全日本総合 トナミ運輸勢が大活躍/富山

2017/12/4(月) 21:40配信

チューリップテレビ

 3日東京で行われたバドミントンの全日本総合選手権でトナミ運輸の県勢が躍動しました。

 男子シングルスでは県勢同士が優勝を争い女子シングルスでも大堀選手が初の決勝に挑みました。
 トナミ運輸同士の同門対決となった男子シングルス決勝。

 準々決勝で優勝候補の桃田選手を倒し勢いに乗る武下選手が、去年の王者・西本選手を終始、攻め続けます。

 結果は、ストレート勝ち。

 うれしい初優勝で、代表復帰を決めました。

 「最後まで粘り強くできて勝ちきれたことはすごく良かったと思います」(武下利一選手)

 また女子シングルス決勝ではトナミ運輸の大堀彩選手が、世界ランキング2位の山口茜選手と対戦。
 一ゲームずつ奪い迎えた第3ゲームは、一進一退の攻防。
 日本一をかけた意地と意地とのぶつかりあいとなりました。
 プレッシャーのかかる終盤激しいラリーを制したのは、山口選手。
 大堀選手はあと一歩のところで、力及ばず準優勝。
 優勝は逃したものの、念願のA代表入りを確実にした大堀選手。
 3年後の東京オリンピックに向けて大きな一歩となりました。

 「最後の一点取れないというのに何か原因があるので、勝ちきれなかったっていうのは、負けですしあっちのほうが強かったということなので、オリンピックという大きな夢を絶対に達成したいと思っているので、これからもっともっと切磋琢磨してまずは少し追いついて同じ土俵で戦えるレベルまでアップしていきたいです」(大堀彩選手)。

チューリップテレビ

最終更新:2017/12/4(月) 21:40
チューリップテレビ