ここから本文です

割安、豪華に世界一周 19年4月、横浜港から船出

2017/12/4(月) 19:59配信

カナロコ by 神奈川新聞

 JTB(東京都品川区)は11月27日、豪華客船での世界一周クルーズを2019年4月から実施すると発表した。横浜、名古屋、神戸の順に出港し、98日間かけてモルディブ、イタリア、英国、米国など20カ国・地域の31都市に寄港する。料金は1泊換算で約2万円からと割安の設定で、シニア層を中心にクルーズ需要を掘り起こす。

 米客船大手プリンセス・クルーズの豪華客船「サン・プリンセス」(7万7441トン)をチャーターする。最大で2千人が乗船できるが、今回は日本人客を対象に1800人を募集する。日本語ができるスタッフ約50人も乗船し、日本食をはじめ日本語の船内放送などを充実させる。

 大人1人当たりの基本料金(2人1室、早期に全額支払った際の割引適用)は窓がない内側のツインで188万円。基本料金には食事代や宿泊料、イベント参加費が含まれるが、船内でのチップや寄港地での観光費などは別途必要となる。

 プリンセス・クルーズは2013年に日本市場に参入しており、サン・プリンセスは一流ホテル並みの充実した設備や定評あるサービスで「プレミアムクラス」に位置付けられる。日本発着で同クラスの世界一周クルーズとしては最も安い価格設定になるという。

 JTBの高橋広行社長は都内で開いた会見で「誰もが憧れる夢で、高根の花というイメージの世界一周クルーズを手が届く旅行にすることで、新たな需要を掘り起こしたい」と述べた。横浜市港湾局の伊東慎介局長は「精いっぱいのお出迎えとお見送りをしたい」と歓迎した。

 来年1月18日から、全国のJTB販売店やJTBクルーズ取扱店で販売する。