ここから本文です

小林幸子の存在証明は「命がある限り歌い続ける」

12/4(月) 16:48配信

日刊スポーツ

 歌手小林幸子(63)が4日、都内で6日発売の1年半ぶりの新曲「存在証明」のお披露目ライブを行った。観客の100人のファンが写真共有アプリ「インスタグラム」を使ってリアルタイムでライブの動画を配信。ニコニコ生放送でも配信された。

【写真】小林幸子の夫、林明男氏がウィーンから勲章授与

 小林は新曲について「若い子も大人も、生き方について悩んだりするけど、思ったように、そのまま生きて行けばいい。そういうことを歌っています」。自身については「私は神様からもらった命がある限り歌い続けること、それが私の“存在証明”です」と話した。

 5日の誕生日は、夫で再生医療を手掛けるTESホールディングス社長の林明男氏に京都で祝ってもらう。「結婚して本当によかった。主人の人生観がぶれないので、助けてもらっています。仕事には一切、タッチしないけど、本当に仲のいいパートナーです」と笑顔を見せた。

最終更新:12/4(月) 17:26
日刊スポーツ